平成31年2月の話

 春の訪れを知らせてくれる石畳脇の紅梅。この冬は、十二月中旬まで暖かい日が続き落葉が遅れていたので、いつも通りに咲いてくれるのか心配しておりましたが、一月下旬頃よりゆっくりと花を咲かせてくれるようになりました。ほんのりとしたピンク色のお花とほのかな香りが、寒さに凍える身体に温かさを感じさせてくれるように思えます。
 先日、犬の散歩をしていた時に、犬が何かに興味をもったのか、不意に走り出したので犬の引綱が手から離れて走って行ってしまいました。慌てて追いかけようとしたら学校帰りの学生さんが、犬の気を惹いてくれてパッと引綱をもってくれたので、事故にならずにすみました。見ず知らずの学生さんの行動にとても心が温かくなりました。
 近頃の学生さんは、スマホを触ってばかりでなんでもかんでもSNSなのかと思っていたけど、意外に優しい子が多いんだなと思うようになりました。
 電車やバスの椅子に座ると、すぐにスマホを手に取って、小さな画面を見つめて忙しそうに操作する光景、自分も含めて多く見かけるようになったと思います。スマホの小さな画面が、新聞やテレビのように世界中の情報を伝えてくれたり、ゲームを楽しんで息抜きできたり、小さなスマホは魔法がかけられるように私の世界を広げてくれます。どこにいる時でも情報を取り出せる便利な道具なのですから、その分、のんびりできる時間が増えてもおかしくないのにスマホを使う前と何も変わらないどころか、スマホの操作に忙しくなっていませんか?
 大切な犬が逃げ出してしまったら、どれだけ高級なスマホを操作しても、走っている犬を捕まえることはできません。犬の心を惹きつけることが出来なければ、犬は近づいてきてくれません。人工知能が人の言葉を聞き分けるようになってきましたが、言葉よりも大切なのは、人を思う心ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)