平成30年3月の話

私たちの宗派のご本尊様は、阿弥陀如来様です。でも、阿弥陀如来様と言っても、いろんなお姿の阿弥陀さまがいらっしゃいますが、浄土真宗のご本尊様のお姿をご存知ですか。全国のお寺には、たくさんの阿弥陀如来様が安置してございますが、中でも、有名なお寺に注目してみましょう。鎌倉の大仏様や、牛久の大仏様、京都の宇治平等院のご本尊様、お姿の違いはありますが、どちらも阿弥陀如来様です。鎌倉の大仏様と平等院の阿弥陀さまは、坐像で、牛久の大仏様は、立像です。

そして、私たちの宗派のご本尊様も立像です。

阿弥陀さま以外で如来様の主なものは、釈迦如来様・薬師如来様・大日如来様あたりでしょうか。釈迦如来様は、仏教を広められたお釈迦さまが覚りを開かれ如来様となられた仏様です。薬師如来様は、私たちが生きていく上で抱える病気や悩みなどを解決して下さる仏様です。大日如来様は、密教の仏さまで宇宙の中心にいらっしゃる仏様です。

そして、阿弥陀如来様は、この世を生きるすべての者を極楽浄土へ救いとってくださる仏様です。すべての者を救ってくださる阿弥陀さまの救いは、皆それぞれの私一人へ向かられているのです。阿弥陀さまが、浄土真宗のご本尊とされていることは分かっていただけたと思いますが、姿の問題があります。

阿弥陀如来様の立像が、私たち浄土真宗のご本尊様とされております。阿弥陀さまが立っていらっしゃるお姿の理由は、すべての者を救うという阿弥陀さまの本願をも示しておりおりまして、貴方の元へ直ちに駆けつけるというお気持ちまで顕しているのです。それ故に、まっすぐに立っている姿というよりは、少し前方に体重をかけられ、今、歩き出そうとしているお姿なのです。煩悩まみれの私たちを間違いなく救いとって下さる阿弥陀さまがいらして下さるからこそ、真実を見ることが出来ない私たちも生きることができるのです。お念仏と共に歩んでまいりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)