令和3年4月ほのぼの「花盛り」

今年の境内のお花は、少し咲く時期を間違っていたようで、梅が終わってすぐに、桜が咲き始め、その後、桃と枝垂桜が咲き、そして八重桜が咲き始めてしまいました。まだ、4月に入ったばかりなのに、どんどん境内のお花が咲き始め、牡丹も蕾が膨らみ、このまま暖かい日が続くと、咲き始めると思います。コロナ禍でどこにもお花見に行けない私達にとって、境内でお花見が出来てしまうので、とても心が癒されるのですが、毎年楽しみにして下さっている方がいらっしゃるので、見て頂けないと残念なので、SNSで写真をアップしていました。少しでも様子が分かればいいと思って、写真を載せたら、とても喜んで下さり、新しい通信のシステムに、助けられたこの頃でした。次々と咲いている境内のお花の写真を撮る事が、私の日課となり、カメラの腕も少し上がったかな…。しかし、目で見る事と全く同じにはならず、やはり、実際に見て頂くのが一番だと思いますが、遠方の方や、今の状況下で、お寺に来られない方々へ、気持ちは伝わると思い、発信しております。技術の進化で、香りもお届け出来る日が来ると、もっとリアルに伝わるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)