平成30年6月ほのぼの「たくさんの幸せ」

六月になり、私はまた一つ、歳を重ねました。今年も早朝に恒例の幼馴染から、誕生日メールで起こされました。有難い事に、その後も友人から次々とメールが届き、温かいお言葉に包まれる一日でした。実家の両親から、大きなひまわりの花束が届き、兄夫婦から五〇本の真っ赤なバラの花束が届きました。ひまわりは、いつも笑顔で明るく過ごして欲しいという両親からの思いだそうです。兄夫婦は、人生の内、そんなにバラの花束を受け取る機会はないだろうから、今日ばかりは送ってみたと言っていました。義姉とは同じ学年で、半年後には、義姉の誕生日もやってきます。こんなサプライズをされたので、義姉の時に何をしようかと、今から緊張です。実は、住職の友人からも偶然に、五〇本のバラの花束を頂き、人生で初めて、一〇〇本のバラに囲まれた日になりました。とても嬉しいのですが、慣れてない事が起きると、どうして良いかわからないものですね(笑)兄の言う通り、こんなにバラに囲まれる機会は、無いと思います。いくつになっても、おめでとうと言って頂けると幸せな気持ちになるものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)