令和元年9月ほのぼの「私の夏休み」

 8月の末に、毎年恒例の大学のクラスの同窓会がありました。年に一度、会えるのがとても楽しみで、毎年日程は決まっているので、その日は住職にお休みをもらい、出かけています。去年、親友がおばあちゃんになり、年々、話に変化があり、時間の流れも感じる様になりました。皆、大体同じくらいで結婚をして、出産をしたので、子供が大学生になったとか、成人したとか、就職して家を出たとか、介護をしているなど、今の等身大の日常を話し合える事が、年々有難く感じられる様になって来ています。悩みも大体同じなので、共感をしてもらえたり、一緒に考えてくれたり、励ましてもらえたり、時にはダメ出しをされたり、友達だから言える事、言ってもらえる事がたくさんあり、感謝しています。両親から、「友達は財産だから、大切にしなさいよ」とよく言われましたし、子供達にも同じ事を言ってきました。歳を重ねるごとに、その言葉がより分かる様になった気がします。二次会で四条河原町に出たのですが、皆、アラフィフ…昔の様に声をかけられる事も無くなったねと大笑いをしながら、学生の時とは変わった街並みを皆で歩きました。しばしの夏休みでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)