平成30年5月「28年になりました」

28年前の5月に、私はお寺にお嫁に来ました。私は在家で、出身が関西なので、移動の事もあり、父や親戚の仕事がお休みのゴールデンウィーク中に、結婚式をして頂きました。お寺の事を考えると、自坊の永代経が終わっても、来て頂いたご住職様方のお寺の永代経が終わらない時期は、時間が取りにくいのに、総代さんがとても力になって下さり、日程が決まったと、後から知りました。永代経が終わり、まだ全部の後片付けが終わらない時に、結婚記念日を迎え、こんな忙しい時期に、私の実家の都合に合わせて式を予定して下さった事を、申し訳なかったと思う反面、親戚や祖母も出席出来た事に毎年感謝をしています。母が長女だった事もあり、祖母にとって私の兄が初孫で、私が二番目。結婚は、私が孫の中で初めてだったので、本当に喜んでくれた事を覚えています。初ひ孫も見せる事が出来、私はいつも「里砂はお婆ちゃん孝行な子ね」と言ってもらっていました。了大が産まれる少し前に、亡くなってしまいましたが、東京に来て今日まで、本当にいろいろな事があったと振り返るそんな日でした。出会えた皆様にも心から感謝です。そしてこれからも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)